トマト面

■トマトマン
1948年にメキシコ領内のヌエボ・ラレドとサビナス河の中間地点に墜落したUFOから発見された、焼けこげたヒューマノイドの死体。頭部の形がトマトに似ているため、通称「トマトマン」と呼ばれている。
ヘルメットをかぶっている航空機パイロット、ロケット実験に用いられたサルかチンパンジーなどという諸説があるが、はっきりしないままである。

UMA・宇宙人マニアの間では有名な「トマトマン」になりきれるお面です。
被ることができますが、覗き穴がついてないので注意!

サイズ:直径約21.5cm
販売元:マルアン商会
型番 C118
販売価格 324円(内税)
SOLD OUT

About the owner

ネギマン

米子の白ネギ、ネギマンです。

Top